無料ブログはココログ

« 龍昌寺/瀧廉太郎の麹町/室生犀星の初上京・・・ | トップページ | 「時計台」2話 »

2009年6月20日 (土)

あじさい諸相

 昨晩は、転勤が決まった友人の小送別会をやろうということになり、早めに勤務先を出ました。この手の集まりにはいつも遅れがちなのですが、かなり早めに着いてしまい、県庁前公園の辺りをうろうろしていて不思議な花を見つけました。

 花の一つ一つはなんとなくアジサイの雰囲気があるのですが、その白い花が、やや上向きに張り出した房状の花穂を形づくってみごとに咲いているのです。しかし葉は三裂していてアジサイとは違います。しいて言えば葉脈がやはりアジサイの葉を思い起こさせないこともないのですが・・・。

 で、きょう書店で図鑑を立ち読みしていたら、この三角錐状の房に花をつけたこの花の写真を見つけました。「ピラミット形の花序をもつアメリカ産のアジサイ、カシワバアジサイ」というような説明がついています。こうなったら居ても立ってもいられなくなって?、昨晩この花を見た街角に直行しました。図鑑の写真と私の印象にあった花が同じ花なのか確かめるためです。

 間違いなくその花はカシワバアジサイ(柏葉あじさい)でした。
 http://www.hana300.com/kasiaj.html

 その帰り道、「観音湯」――富山駅前のこの観音湯をご存じのクライマーの方は多いはず――の隣家との境にこれまた奇妙な花が咲いていることを発見。つる性の植物のようでしたが小花の集まった花序の部分、その小花が何色にも色が分かれているのです。わたしの筆力では描写できないので、写真をご覧にいれます。帰宅してからnetで調べたものです。
 http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/sympetalae/verbenaceae/lantana/lantana.htm

 「ランタナ」という名のこの花は、江戸時代からもう日本に来ているとのことにも驚いたのですが、「七変化」という和名にもちょっとしいた感慨がありました。そう、「七変化」は上に紹介したアジサイの別名でもあるのです。

 「七変化」から、花色のうつろいを人心の心変わりに掛けて詠んだ大伴家持の「言問はぬ木すら紫陽花・・・あざむかえけり」という難解な歌を、想い出しましたが、今あらためて調べてもよく意味がわかりません。中西進さんの注解を紹介しておきます。

 「言問はぬ木すら紫陽花諸弟らが練の村戸とにあざむかえけり」(「万葉集」巻第四・七七三)
 “ことばをいわぬ木だって紫陽花のような変化の花もあることよ。諸弟(もろと)らの練達の心にだまされてしまった。”

〔追記〕
 講談社文庫の中西さんの脚注に“《諸弟》人名か。以下難解で諸説ある。」とあって、《村戸(むらと)》には、腎臓のこと、とあります。たしかに角川ソフィア文庫の脚注(伊藤博)には、“練りに練った荘重な言葉の意か。「むらと」は「群詞」か”と異説が述べられています。

« 龍昌寺/瀧廉太郎の麹町/室生犀星の初上京・・・ | トップページ | 「時計台」2話 »

植物誌」カテゴリの記事

コメント

TBだけして失礼しました。
比較されると辛いですが、TBを介して、読まれるべきサイトを紹介したかったのです。

「紫陽花」にまつわるあれこれはいろいろあるようですね。
それはそれとして、好きな花で、雨に咲く紫陽花を見るのが今頃の時期の楽しみの一つです。

やいっちさん、有り難うございます。トラックバックできる項目があればどんどんしてやってください。

雨に咲く紫陽花、これはいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1108790/30199530

この記事へのトラックバック一覧です: あじさい諸相:

» 梅雨のあれこれ(紫陽花編) [壺中山紫庵]
 6月というと、何を真っ先に思い浮かべるだろう。紫陽花。ちょっと早いけど蛍狩り。 [続きを読む]

« 龍昌寺/瀧廉太郎の麹町/室生犀星の初上京・・・ | トップページ | 「時計台」2話 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31